検索の意図を意識してコンテンツ作成を

・検索意図の重要性について
検索の意図を意識してコンテンツを作成することはとても重要なことです。グーグルが上位に表示している、検索者のニーズに応えたコンテンツを作成するためには、検索意図を理解することが大切だといわれています。
そこで、検索意図とは何かということと、それを理解するということは何なのかという点について説明したいと思います。

photo credit: Canonicalized What is SEO? via photopin (license)

・検索意図とは何なのか?
検索意図とは、検索をするユーザーがその検索をしている理由といえます。つまり、なぜその検索をしているのか?という疑問の答えであるといえます。
現在のSEOでは、検索意図が大切であると考えられています。検索をするユーザーの検索意図に沿うコンテンツを作り、そのようなコンテンツをグーグルは良いコンテンツであると判断するでしょう。

・ユーザーの検索意図の探り方
では、コンテンツを作成する側としては、ユーザーの検索意図をどうやって探ればいいのでしょうか。検索する側が何を求めて検索しているのかを知ることは、検索エンジンマーケティングの最初のスターティングポイントであると考えられ、非常に重要なポイントです。
以前であれば、キーワードがSEOで重視されていたといわれていますが、今はそうなってはおらず、その元になる検索意図が重視されているといわれています。これは、そのユーザーの求めているものが何なのかを知り、それを的確に提供することがSEOの成功につながると考えられているためです。
検索連動型広告を運用する側にとっては、検索語句に対し、ユーザーがどうしてこの検索をしているかを考えることが重要です。その上で、表側の検索意図と、あわせて裏側の検索意図を考えることで幅が広がるのです。つまり、ビジネスを広げる大きなチャンスにつながるといえますので、このような考え方は大切です。では検索意図の裏とは何かというと、検索目的の本質ということになります。

例えば、検索の語句に、プリンター、故障、という言葉を入れて検索をしているユーザーの検索意図について考えてみましょう。まず、表向きの検索意図は、プリンターが故障してしまい、故障の原因を把握してからどうやったら直せるのか知りたいというものだといえます。ではこの検索を行う検索目的の本質というのは何でしょうか。
つまり、このユーザーはどうしてプリンターを修理したいのか?という質問の答えが裏の目的といえます。
例えば、プリンターが故障してしまい、印刷できなくなってしまったという困った状況にあると考えることができるのです。つまり、印刷をしたいということになります。
このような検索意図を理解していることで、検索連動型広告の運用者にとっては広告ビジネスのチャンスがつかみやすくなるといえます。このような検索意図に応えることができるようなコンテンツを作成することは、グーグルの上位表示だけでなく、それによっても販路拡大などにつながるということになるのです。
そのため、ユーザーの検索意図を意識してコンテンツを作成することはとても重要なことで、グーグルが上位に表示している、検索者のニーズに応えたコンテンツ作成のためには、検索ユーザーの検索意図を理解することが大切なのです。

・まとめ
検索意図とは、検索をするユーザーがその検索をしている理由といえ、なぜその検索をしているのか?ということに対する答えといえます。また、コンテンツ作成には、検索ユーザーの検索目的の本質の理解がとても重要で、コンテンツを作成する場合には、このようなユーザーの検索意図を探ることが大切でだと考えられています。
そのような視点を踏まえて作成されたコンテンツは、グーグルの検索にも反映され、その点がSEO対策として重要だといえます。

PR Link
居抜き物件なら
東村山市の外壁塗装は

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ