2016年からのペンギンアルゴリズムについて


2016年9月23日からシステムが変わり、ペンギンアップデートがリアルタイム更新になりました。このことで、日々ペンギンアップデートが実施され、今後のSEOにとって、大きな順位変動が起こりやすくなりました。
そして、このような順位変動に適切に対応するため、スパムとリンクを中心として対策を進めることで、サイトを改善を実行することが大切といわれています。そこで、Googleガイドラインに準拠して、ページのクオリティを高め、順位上昇を目指していきましょう。

・ペンギンアップデートとその課題とは
ペンギンアップデートとはGoogle検索アルゴリズムのアップデートのことで、ペンギン・アップデーは品質の著しく低いリンクが張られているページや、そのページからリンクを受けているページの掲載順位を下げるために行われるアップデートのことです。
このペンギンアップデートは、これまで何度も行われており、最終回が2016年9月23日のペンギンアップデート4.0でGoogleの公式アナウンスが終了となりました。これは、ペンギンアップデートがリアルタイムアルゴリズムに取り入れられたので、公式アナウンスの必要が無くなったことに由来しています。
しかし、ペンギンアップデートによるGoogleペナルティによって、インデックス削除という、検索結果に表示されなくなるというデメリットが生じ、インデックス登録されないといった問題が発生しやすくなる場合もあります。
そして、検索順位下落することで、サイトのトラフィックや売り上げという点で大きなダメージを負うことがあるといわれています。

・ペンギンアップデートの内容
ペンギンアップデートでは再クロールや再インデックスはそのページが対象になります。自身のサイトのページが再クロールされたり、再インデックスされると検索結果に反映されることになります。被リンク削除を経て、リンクが張られてたサイトを再クロールしたとしても、自サイトページが再クロールされない限りは検索結果には反映をされないといった点があります。そして、検索結果に与える影響は一定ではありません。影響の度合いは決まっておらず、キーワードも大きく動くものもあれば、それ程でもないものもあります。

・ペンギンアップデート対策について
ペンギンアップデートに対する対策には、事前に危険リンクを取り除いたり、順位UP対策の実施が有効といえます
自身のサイトにいつペンギンアップデートが実行されるかわかりませんので、事前に危険なリンクを削除しておく必要があります。その方法にリンククリーニングを利用する方法があります。また、順位UP対策を実施します。
ペンギンアップデートによって順位が下落してしまった場合、その回復方法として、バックリンクを否認する方法があります。バックリンクを否認する場合、質の低いリンクのみ否認するようにします。効果的なリンク否認によって、順位回復や順位の上昇につながる可能性が高くなるといえます。被リンクの質を高めつつリンク否認をするようにします。

・まとめ
2016年からシステムが変更され、ペンギンアップデートがリアルタイム更新になりました。このことで、日々ペンギンアップデートが実施されることになり、今後のSEOにとって、大きな順位変動が起こりやすくなったといわれています。更新アナウンスも不要となり、ペンギンアップデートは4.0で終了となりました。
ペンギンアップデートの影響を受けないために、事前に危険リンクを取り除いたり、順位を上げるための対策を行うことが有効といわれています。
ペンギンアップデートによって順位の下落があった時は、回復方法として、バックリンクを否認する方法があります。

PR Links
東村山市の外壁塗装
居抜き物件なら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ